MENU

【編集部厳選】浅草橋駅 × 博物館のおすすめスポット6選!

目次

刀剣博物館

東京都墨田区にある刀剣博物館は、日本刀専門の博物館であり、刀剣・刀装・刀装具類を収蔵・公開しています。1948年に日本美術刀剣保存協会が設立され、日本刀を保存継承するために開館されました。博物館は、レストランや科学館も併設しており、乳児から高校生まで楽しめるスポットです。また、駐車場があり、駅からも近く、雨の日でもOKです。売店もあるので、子供と一緒に大人も楽しめます。

【公式サイト】https://www.touken.or.jp/museum/
【住所】東京都墨田区横網1丁目12-9
【電話】03-6284-1000

東京都復興記念館

東京都墨田区にある「東京都復興記念館」は、博物館と科学館の2つの施設があり、小学生から高校生までの子供たちだけでなく、大人も楽しめるスポットです。駅からも近く、雨の日でもOKで、授乳室やオムツ交換台も完備しています。関東大震災や東京大空襲の資料を展示しており、無料で入館できます。口コミでは、公園内にひっそりとあるが、近代建築であることや、関東大震災や第二次世界大戦の資料が展示されていることが紹介されています。月曜日が定休日で、9時から16時半まで営業しています。

【公式サイト】http://www.tokyoireikyoukai.or.jp/kinenkan.html
【住所】東京都墨田区横網2丁目3-25
【電話】03-3622-1208

江戸東京博物館

江戸東京博物館は、東京都墨田区にある博物館・科学館です。幼児から高校生まで楽しめる施設で、大人も一緒に楽しめます。駐車場があり、駅からも近いためアクセスも便利です。授乳室やオムツ交換台も完備されており、ベビーカーも利用可能です。雨の日でも楽しめる施設で、レストランや売店もあります。常設展示では江戸・東京の歴史や文化を実物資料や復元模型等を用いて紹介しており、企画展示も開催されています。口コミでは、建物の大きさに興奮したり、浮世絵展が圧巻だったという声がありました。また、北斎美術館とのお散歩コースにもおすすめとのことです。

【公式サイト】https://www.edo-tokyo-museum.or.jp/
【住所】東京都墨田区横網1丁目4-1
【電話】03-3626-9974

両国花火資料館

東京都墨田区にある両国花火資料館は、花火の歴史や技術に関する展示を公開している博物館であり、科学館でもあります。小学生の子供から中学生・高校生の子供、そして子供と一緒に大人も楽しめるスポットで、雨の日でもOKです。両国川開きから始まった花火大会の歴史や、隅田川花火大会の復活に至るまでの経緯、花火玉や花火師の舞台衣装などが展示されています。また、尺玉の様な大きい花火についての資料も多数あります。口コミによると、花火に興味がある人には必見のスポットとのことです。

【公式サイト】http://sumidagawa-hanabi.com/shiryokan.html://
【住所】東京都墨田区両国2丁目10-8
【電話】03-5608-6951

蔵前水の館

「蔵前水の館」は、東京都台東区蔵前にある博物館・公園・工場見学・社会見学ができるスポットです。小学生の子供から中学生・高校生まで楽しめ、大人も一緒に楽しめます。また、雨の日でもOKです。口コミによると、蔵前橋の袂にある水道施設の資料館であるため、土日は休館となっています。

【公式サイト】http://www.gesui.metro.tokyo.jp/odekake/s_kuramae.htm
【住所】東京都台東区蔵前2丁目1-8 北部下水道事務所敷地内
【電話】03-3241-0944

相撲博物館

東京都墨田区にある相撲博物館は、子供と一緒に楽しめる博物館です。雨の日でも楽しむことができます。博物館では、力士の入場に立ち会えることもあります。取り組みが終了した力士と一緒に写真撮影することもできます。両国から浅草へ移動する際にもう一度訪れることがおすすめです。

【公式サイト】http://www.sumo.or.jp/
【住所】東京都墨田区横網1丁目3-28 国技館 1階
【電話】03-3622-0366

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる