MENU

【編集部厳選】蔵前駅 × 0歳・1歳・2歳の赤ちゃん(乳児・幼児)OKのおすすめスポット18選!

目次

浅草駅

浅草駅は、東京都台東区にある交通の拠点であり、駅としても有名なスポットです。0歳から大人まで楽しめる場所で、子供と一緒に訪れることができます。駅から近く、雨の日でもOKで、ベビーカーも利用できます。また、売店やレストランもあり、食事やお土産の購入もできます。口コミによると、浅草観光の拠点として利用されることが多く、地下鉄や東武特急でのアクセスも良好です。また、人力車での観光も楽しめるようです。

【住所】東京都台東区浅草1丁目1-3
【電話】03-3841-0603

Dandelion Chocolate(ダンデライオンチョコレート)

「Dandelion Chocolate(ダンデライオンチョコレート)」は、東京都台東区蔵前にある、産地の明確なシングルオリジンのカカオ豆を使用したBean to Barのクラフトチョコレート屋さんです。豆の選別から、焙煎、磨砕、調合、成形といった工程の全てを自社のファクトリーで行っており、店内にはチョコレートの甘い香りが漂います。カフェやレストランも併設されており、濃厚なホットチョコレートやスイーツを楽しむことができます。また、工場見学や社会見学も可能です。口コミでは、梅カカオソーダやスモア、チョコレートブラウニーなどが人気で、子供から大人まで楽しめるスポットとして評価されています。駅からも近く、雨の日でもOKです。

【公式サイト】http://dandelionchocolate.jp/
【住所】東京都台東区蔵前4丁目14-6
【電話】03-5833-7270

浅草文化観光センター (Asakusa Culture Tourism Center)

浅草文化観光センターは、東京都台東区雷門にある展望台です。建物は7つの平屋の家屋が積み木のように積み重なったデザインで、浅草の風景に合っています。観光客にはありがたい案内サービスやWi-Fi・電源があり、トイレもキレイで授乳室やオムツ交換台も完備しています。子供から大人まで楽しめるスポットで、ベビーカーもOKです。展望テラスからは浅草や東京スカイツリーを一望でき、夜には幻想的な浅草の夜景を楽しめます。営業時間は9:00~20:00で、定休日はありません。

【公式サイト】http://www.city.taito.lg.jp/index/bunka_kanko/oyakudachi/kankocenter/a-tic-gaiyo.html
【住所】東京都台東区雷門2丁目18-9
【電話】03-3842-5566

浅草ROX

浅草ROXは、東京都台東区にあるショッピングモールで、銭湯も併設しています。子供から大人まで楽しめる施設で、0歳から6歳までの子供もOK。駐車場もあり、駅からも近いのでアクセスも便利です。授乳室やオムツ交換台も完備されており、雨の日でも楽しめます。ROX6階には「まつり湯」という露天風呂があり、東京スカイツリーを一望できる癒しの空間が広がっています。また、ROX3Gの屋上にはフットサルコートがあり、体を動かしてリフレッシュすることもできます。営業時間は10:30〜21:00で、定休日はありません。口コミでは、バッティングマシーンやストラックアウトなどの運動施設もあるとのことです。

【公式サイト】http://www.rox.co.jp/
【住所】東京都台東区浅草1丁目25-15
【電話】03-3836-7700

花月堂 雷門店

「花月堂 雷門店」は、東京都台東区浅草にある飲食店兼ショッピングスポットです。そばや天丼・天重、パンなどの食事メニューがあり、焼きたてのホカホカが味わえます。また、クッキー生地の大きなメロンパンが有名で、店内で食べることができます。0歳から大人まで楽しめるスポットで、駅からも近く、雨の日でもOKです。口コミでは、店員さんの対応が優しく、柔らかくて美味しいと評判です。

【公式サイト】http://www.asakusa-kagetudo.com/
【住所】東京都台東区浅草1丁目18-11
【電話】03-5830-3534

回向院

回向院は、東京都墨田区にある浄土宗の寺院であり、神社や宗教施設でもあります。0歳から大人まで楽しめるスポットで、ベビーカーもOKです。口コミによると、丸いアーチの山門が印象的で、鼠小僧の墓や石巡りツアーの場所としても有名です。また、焼死者を葬った万人塚や、動物の慰霊碑、水子供養の発祥地としても知られています。北斎がパフォーマンスを行った場所でもあり、大相撲の起源とも言われています。

【公式サイト】https://www.ekoin.or.jp/
【住所】東京都墨田区両国2丁目8-10
【電話】03-3634-7776

刀剣博物館

東京都墨田区にある刀剣博物館は、日本刀専門の博物館であり、刀剣・刀装・刀装具類を収蔵・公開しています。1948年に日本美術刀剣保存協会が設立され、日本刀を保存継承するために開館されました。博物館は、レストランや科学館も併設しており、乳児から高校生まで楽しめるスポットです。また、駐車場があり、駅からも近く、雨の日でもOKです。売店もあるので、子供と一緒に大人も楽しめます。

【公式サイト】https://www.touken.or.jp/museum/
【住所】東京都墨田区横網1丁目12-9
【電話】03-6284-1000

勝海舟生誕の地

東京都墨田区両国公園内にある「勝海舟生誕の地」は、勝海舟の功績を称えるために設置された石碑です。この場所は、江戸時代に戦火や列国から江戸を守った勝海舟の生誕地とされており、現在の東京があるのも彼のおかげかもしれません。両国公園の中に位置しているため、子供と一緒に訪れても大人も楽しむことができます。また、ベビーカーの利用や食事の持ち込みもOKです。勝海舟に興味のある方や歴史好きの方にとって、訪れる価値のある場所と言えるでしょう。

【住所】東京都墨田区両国4-25-3墨田区立両国公園内
【電話】03-5608-6951

旧安田庭園

「旧安田庭園」は、東京都墨田区にある公園です。0歳から6歳までの子供や小学生、中学生、高校生、そして大人も楽しめます。ベビーカーもOKで、潮入り回遊式庭園として整備された大名庭園で、小島の浮かぶ心字池を木々と散策路が囲んでいます。江戸時代には本庄松平氏の下屋敷として築造され、明治時代には旧岡山藩主池田章政の邸宅となり、1889年には安田財閥の祖である安田善次郎の所有となりました。ただし、2016年11月13日から2017年3月下旬まで改修工事のため休館しています。暑い時期には木々の中で一休みするのもおすすめです。

【公式サイト】https://www.city.sumida.lg.jp/sisetu_info/kouen/yasudateien.html
【住所】東京都墨田区横網1丁目12-1
【電話】03-5608-6291

東京都慰霊堂(鐘楼堂・復興記念館・震災遭難児弔魂像)

「東京都慰霊堂」は、東京大空襲で亡くなった犠牲者を慰めるために建てられた寺院・神社・宗教施設です。0歳から6歳の子供や大人も楽しめる場所で、ベビーカーも利用可能です。また、震災遭難児弔魂像もあり、戦争の悲惨さを感じることができます。口コミには、戦争の犠牲者を追悼する場所として改めて訪れるべきだという意見がありました。

【公式サイト】http://tokyoireikyoukai.or.jp/
【住所】東京都墨田区横網2丁目3-25

榛稲荷神社

東京都墨田区にある榛稲荷神社は、寺院と神社の両方の要素を持つ宗教施設です。乳児から小学生、中学生や高校生、そして大人まで楽しめるスポットで、ベビーカーも利用可能です。また、勝海舟の父や北斎もこの場所にゆかりがあるとされ、歴史的な価値もあります。

【住所】4丁目-34 両国 墨田区 東京都 日本

両国公園

両国公園は東京都墨田区にある公園で、0歳から大人まで楽しめるスポットです。赤ちゃんや幼児、小学生、中学生、高校生、そして大人も楽しめます。駅からも近く、ベビーカーもOKで食事も持ち込めます。また、勝海舟の生誕地でもあり、歴史好きにもおすすめです。

【公式サイト】http://www.city.sumida.lg.jp/sisetu_info/kouen/kunai_park_annai/sumida_park/park02.html
【住所】東京都墨田区両国4丁目25 墨田区両国4丁目25-3
【電話】03-5608-6291

弁天湯

「弁天湯」は、東京都台東区浅草橋にある銭湯・温泉のスポットです。0歳から2歳の赤ちゃんや幼児も利用可能で、3歳から6歳の幼児や小学生、中学生、高校生も楽しめます。大人も子供と一緒に利用でき、駅からも近く、雨の日でもOKです。口コミは現在ありません。

【公式サイト】http://www7b.biglobe.ne.jp/~bentenyu/
【住所】東京都台東区浅草橋1丁目33-6
【電話】03-3864-7100

ASICS CONNECTION TOKYO

東京都墨田区吾妻橋にある「ASICS CONNECTION TOKYO」は、飲食店やカフェ、レストランがあるスポットです。子供と一緒に楽しめる場所であり、駅からも近く、雨の日でも利用することができます。また、オムツ交換台やベビーカーの使用も可能です。隅田川沿いに位置し、金のうんちのビルの下にあるため、新しいスポットとして注目されています。ランステやヨガ、ピラティスなどのスタジオプログラムも提供されており、シャワー室やロッカーも完備されています。併設のカフェでは、ヘルシーなベーグルやうどんパスタなどのメニューが提供されています。

【公式サイト】https://www.asics.com/jp/ja-jp/asics-connection-tokyo
【住所】東京都墨田区吾妻橋1丁目23-8先
【電話】03-5637-7706

横網町公園

横網町公園は、東京都墨田区にある公園です。0歳から6歳の幼児や小学生、中学生、高校生、そして大人も一緒に楽しめます。また、ベビーカーもOKで、駅からも近いのでアクセスも便利です。横網町公園は、かつて陸軍被服廠があった場所で、関東大震災の避難場所としても使われました。公園内には、震災記念堂・東京都慰霊堂、東京都復興記念館などの施設もあります。

【公式サイト】http://tokyoireikyoukai.or.jp/
【住所】東京都墨田区横網2丁目3-25
【電話】03-3622-1208

舟橋聖一生誕の地

「舟橋聖一生誕の地」は東京都墨田区横網に位置するスポットです。このスポットは子供と一緒に訪れても大人も楽しめる場所であり、ベビーカーの利用も可能です。また、食事の持ち込みもOKです。 舟橋聖一氏は日本の小説家として活躍しました。彼は1904年に生まれ、キリストの降誕日に因んで「聖一」と名付けられました。彼は旧制水戸高等学校と東京帝国大学文学部を卒業し、脚本家の舟橋和郎は彼の弟です。舟橋氏の父はドイツ留学を経験し、神奈川県腰越長山に転居しました。その後、彼は東京都文京区や東京都新宿区に転居しました。 大学在学中には、「朱門」の同人となり、四代目河原崎長十郎や村山知義らと共に劇団「心座」の旗揚げに尽力しました。1926年には戯曲「白い腕」を雑誌「新潮」に発表しました。彼は明治大学で教授を務める一方、雑誌「行動」に参加し、小説「木石」を執筆しました。彼は行動主義や能動精神運動の中心となり、行動的ヒューマニズムによる現実改革者としての地位を確立しました。 「舟橋聖一生誕の地」は、舟橋聖一氏の生まれた場所であり、彼の業績や人生に触れることができるスポットです。

【住所】東京都墨田区横網1-11-1

駒形橋

東京都台東区にある「駒形橋」は、1927年に完成した全長146.3mの青いアーチ橋で、浅草通りが通っています。橋の名前は、西詰にある浅草寺駒形堂に由来します。江戸時代には「駒形の渡し」という渡し船があったそうですが、吾妻橋の架橋により利用者が減少し、1876年まで運行されていたとのこと。0歳から中学生・高校生まで楽しめ、ベビーカーもOKで食事持ち込みも可能です。

【住所】東京都台東区駒形2丁目7

世界のカバン博物館

「世界のカバン博物館」は、東京都台東区にある博物館・科学館です。カバンの歴史を始め、世界50カ国以上の国のカバンが展示されており、子供から大人まで楽しめるスポットです。入館料が無料で、浅草の穴場スポットとしても知られています。営業時間は10:00~16:30で、定休日は日・祭日です。口コミでは、鞄メーカーのエース株式会社が運営しており、創業者の新川柳作が欧州視察旅行で皮革博物館を見学したことがきっかけで開設されたことが紹介されています。

【公式サイト】https://www.ace.jp/museum/
【住所】東京都台東区駒形1丁目8-10
【電話】03-3847-5619

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる