MENU

【編集部厳選】浅草橋駅 × 食事持込OKのおすすめスポット3選!

目次

両国公園

両国公園は東京都墨田区にある公園で、0歳から大人まで楽しめるスポットです。赤ちゃんや幼児、小学生、中学生、高校生、そして大人も楽しめます。駅からも近く、ベビーカーもOKで食事も持ち込めます。また、勝海舟の生誕地でもあり、歴史好きにもおすすめです。

【公式サイト】http://www.city.sumida.lg.jp/sisetu_info/kouen/kunai_park_annai/sumida_park/park02.html
【住所】東京都墨田区両国4丁目25 墨田区両国4丁目25-3
【電話】03-5608-6291

勝海舟生誕の地

東京都墨田区両国公園内にある「勝海舟生誕の地」は、勝海舟の功績を称えるために設置された石碑です。この場所は、江戸時代に戦火や列国から江戸を守った勝海舟の生誕地とされており、現在の東京があるのも彼のおかげかもしれません。両国公園の中に位置しているため、子供と一緒に訪れても大人も楽しむことができます。また、ベビーカーの利用や食事の持ち込みもOKです。勝海舟に興味のある方や歴史好きの方にとって、訪れる価値のある場所と言えるでしょう。

【住所】東京都墨田区両国4-25-3墨田区立両国公園内
【電話】03-5608-6951

舟橋聖一生誕の地

「舟橋聖一生誕の地」は東京都墨田区横網に位置するスポットです。このスポットは子供と一緒に訪れても大人も楽しめる場所であり、ベビーカーの利用も可能です。また、食事の持ち込みもOKです。 舟橋聖一氏は日本の小説家として活躍しました。彼は1904年に生まれ、キリストの降誕日に因んで「聖一」と名付けられました。彼は旧制水戸高等学校と東京帝国大学文学部を卒業し、脚本家の舟橋和郎は彼の弟です。舟橋氏の父はドイツ留学を経験し、神奈川県腰越長山に転居しました。その後、彼は東京都文京区や東京都新宿区に転居しました。 大学在学中には、「朱門」の同人となり、四代目河原崎長十郎や村山知義らと共に劇団「心座」の旗揚げに尽力しました。1926年には戯曲「白い腕」を雑誌「新潮」に発表しました。彼は明治大学で教授を務める一方、雑誌「行動」に参加し、小説「木石」を執筆しました。彼は行動主義や能動精神運動の中心となり、行動的ヒューマニズムによる現実改革者としての地位を確立しました。 「舟橋聖一生誕の地」は、舟橋聖一氏の生まれた場所であり、彼の業績や人生に触れることができるスポットです。

【住所】東京都墨田区横網1-11-1

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる