MENU

【編集部厳選】蔵前駅 × ランドマークのおすすめスポット4選!

目次

雷門

雷門は、東京都台東区浅草にあるランドマークであり、寺院でもある宗教施設です。浅草観光の定番スポットであり、外国人観光客も多く訪れます。コロナ禍で空いているため、記念写真撮影も楽々ですが、平日でも写真撮影は混雑しており、5組待ちすることもあるようです。朝一番に行けば雷門を独り占めできることもあります。雷門の周辺には仲見世通りがあり、食べ歩きも楽しめます。また、参拝前にはおみくじも楽しめますが、結果は辛口なこともあるようです。昼も夜も混雑しており、夜は一段と綺麗にライトアップされます。

【公式サイト】https://www.senso-ji.jp/
【住所】東京都台東区浅草2丁目3-1
【電話】03-3842-0181

浅草寺 雷門(風雷神門)

浅草寺の中でも最も有名な門である雷門は、東京都台東区浅草にあるランドマークであり、寺院でもあります。門の前には大きな提灯が掲げられ、その先には仁王像が迎えてくれます。また、門の中には風雷神が祀られており、多くの人々が参拝に訪れます。口コミによると、門の迫力や風情が素晴らしく、必見のスポットとして人気が高いようです。

【公式サイト】http://www.senso-ji.jp/guide/guide01.html
【住所】東京都台東区浅草2-3-1
【電話】03-3842-0181

雷門

「雷門」は、東京都台東区浅草にあるランドマークであり、寺院でもあります。ちょうちんを下から見ると龍が見え、日曜日には着物女子や人力車男子など多くの人が訪れます。また、遠くにはスカイツリータワーも見えます。

【住所】東京都台東区浅草1丁目3

鏡師中島伊勢住居跡

「鏡師中島伊勢住居跡」は、東京都墨田区両国にあるランドマークです。この場所は、江戸時代に幕府用達の鏡磨師であった中島伊勢が住んでいた場所であり、浮世絵師の葛飾北斎を養子として迎えたことでも知られています。また、赤穂事件(忠臣蔵)後に町人に払い下げられ、本所松坂町となった場所にあるため、歴史的な価値があります。訪れた人からは、中島伊勢や葛飾北斎に関する情報が得られると好評です。

【住所】東京都墨田区両国3丁目7 3丁目-7

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる